【保存版】ウェブライターが単価交渉するやり方・タイミング【実は簡単】

フリーランスマーケターの@blog_xyzです。

元々アフィリエイターとして活動していまして、基本自分で書いていたのですが一部外注ライターさんなども活用しつつ、月の確定50万円程度稼いでいました。

※蛇足ですが自分でもライターをやろうと思ったこともあるのですが、好き勝手書きたい性格だったので向いていませんでした。

  • アフィリエイト向いてる:好きなジャンルで好き勝手書きたい
  • ライター向いてる:決められたジャンルで決められたことが書ける

といった違いもあるのではないかと思います。これは別の記事で書いても良さそうですね(未来の自分に向けて)。

このページでは、「元アフィリエイターが」「発注者側の目線で」ライターの単価交渉する時に役立つ考え方・タイミングを共有できたらと思います。

ウェブライターの単価交渉のやり方

「やり方3つ」と、「タイミング2つ」について書いていきます。

大枠の結論としては、Giveしてもらう精神だけでなく、「自分がクライアントにどう貢献できるか」という部分も含めて提案すれば上がりやすいです。

単価交渉の具体的なやり方

他の案件と競わせる

「クライアントが一つで、そこからだけ仕事をもらっている」という状況だと単価を上げづらいです。

なぜなら、競争が起こりづらいから。

クライアントとしても単価を上げるメリットがない(一方的にGiveするだけ)になってしまうので、心理的なハードルも高まってしまうのかなと。

そこで「他の案件と競争させる」ことで単価が上がりやすいです。

交渉の具体例
・クライアントA、B、Cと請け負っていて、すべて単価1円だとする。
⇒一番仕事が少ないクライアントCに対して、「もう少し納品数を増やしたい(Give)のですが、現状の単価だと他社の請負の都合からも難しいです。単価上げてください(Take)」と交渉

 

 

・クライアントA、B、Cがあり、Cだけ単価1.5円にしてもらった状態
⇒クライアントA、Bに対して「他社でもライティングを請け負っているのですが、単価1.5円でそちらが優先度が高い現状(競争を起こす)です。単価上げられませんか?」と交渉

※クライアントの心理状態としては、「ここで単価を上げなければ他社に優秀なライターを他に取られてしまうのではないか?」と不安になるので、交渉に応じてしまいやすいです。ライター側からしても、「単価上げんとお前んとこ切るぞ」という強気なスタンスで交渉できます。

 

 

・クライアントABCすべて単価1,5円の状態
⇒一番仕事が少ないクライアントAに対して、「納品数を上げたいのですが、現状の単価だと難しいです。2円にしてください」

このループでBにも交渉成功したら、すべてのクライアントで単価1円⇒2円にアップします。

クライアント数が足りないなら、Twitterで適当なアフィリエイター(法人がいいかも)をフォローしてみて、直接DMで営業しちゃいましょう。

やりすぎはもちろんあれですが、テクニックとして覚えておくのはありかなと。

「納品数アップします」

現状で他社すべての単価が横並びな場合には、「納品数アップするので単価上げてください」と交渉するのがいいです。

上記の例でも取り上げてますね。

まずは、「クライアントの数を増やす」「一つのクライアントの単価を上げてもらう」というところです。

ここでたとえばクライアントAに対して交渉失敗したとしても、クライアントBに対して同様の提案をしましょう。それも失敗したらCに提案します。
※提案内容は何度も書いてますが「納品数アップするので単価上げてください」です。

Cまで失敗してしまったら、一旦ストップするか、納得できない場合には新規クライアントを発掘しましょう。

実績を引っさげて新規クライアントを発掘する

クライアント心理として、一番単価アップ交渉しやすい時期は「最初」です。

そこで、「クライアントABCというメディアで記事を書いている」という実績を最大限アピールしつつ、単価は高めに新規クライアントに交渉してみましょう。

最初は単価を相談しやすいので、上手くいけば現状のクライアントよりもいい単価で案件を引っ張ってこれます。

あとは↑の具体例から、「他社では1.5円もらっていて(競争を起こす)」と、既存のクライアントに単価アップ交渉するだけです。

単価アップのタイミングは?

具体的なタイミングについて、「法人」「個人」クライアントと分けて書きます。

法人クライアントの場合

決算期の3月、12月に交渉しましょう。

来季の予算を決めている段階で、「あなたに使われる予算が決定されるタイミング」だからです。

個人の場合

個人の場合には時期には着目しなくいいと思います。

そこでいつでも、と言いたいところですが、「コミュニケーションが増えたタイミング」が狙い目です。

人間心理としてやり取りが多い相手=単純接触回数が多いので、好意を覚えやすいからです。

「最近このクライアントと話してばっかだな」と思ったら、思い切って交渉してみましょう。

必殺技は覚えましたね。これです。
「納品数アップするので単価上げてください」

単価交渉で時間の余裕もつくる

単価交渉ではお金に着目しがちですが、「時間」を増やすために交渉するのも全然ありかと思います。

  • ちょっと最近クライアントが増えてきて、忙しい
  • 週3労働で自由な時間を確保するためには、もう少しお金がいる
  • 家族との落ち着いた時間を過ごしたい

といった場合にも、積極的に単価交渉してみましょう。

次回は「アフィリエイターの単価交渉」という記事を書こうかと考えているので、また気になったら覗いてみてくださいね。

参考:
【2019年】個人アフィリエイターが直面する地獄3つ【絶滅危惧種】