【実体験】「変身」することで、価値が高められる【肩書をぐるぐる】

フリーランスマーケターの@blog_xyzです。

ここ2年ほどで、アフィリエイター(大学時代)⇒インターン生(Webメディア系企業)⇒IT会社正社員⇒アルバイト(Webメディア系企業)⇒フリーランスと、肩書をどんどん変えてきました。

※細かく言うと、○○アフィリエイターみたいな感じで、価値観+肩書にしてました。

その経験から以下のツイートをしています。

今は「元アフィリエイター」っていう肩書がバスったから使うけど、たぶんそのうちまた変えると思う。
どんどん変身して価値を高めるのだ🙋

このページでは、「変身」することで価値が高められることについて、深掘りしていきます。

「変身」することで価値は高められる

ここで言う「変身」とは、自分の肩書+価値観でポジションを取ることを繰り返すことで価値を高めていくことと定義します。

基本的には、「変身」を重ねることでポジションを取っていき、価値を高めていきます。

【簡単なイメージ像】
肩書レベル1:Web大好きなインターン生
肩書レベル50:月収7桁アフィリエイター
肩書レベル99:1億の買収を成功させたマーケター

価値を決めるのは単純に「実績の数字がデカい」だけでなく、「既に到達している人が少なく希少」とか、「複数の肩書を組み合わせたオンリーワン」とかでも高まります。

あとは、「時代背景から生まれる価値観」でポジションを取ることで、肩書きに共感が得られやすくなるといったこともあるでしょう。

たとえば、週5で働くのがしんどいという時代背景があるならば、「週4で働くマーケター」とかです。

あまりデカい数字とかを入れちゃうと、うさんくさいと思われて共感が得られづらくなりそうなので、自分は親しみやすさ路線を取ることが多いですね。

「変身」によって価値が高まる理由

時代によって「受け入れられやすい価値観」は変化するのですが、最先端の価値観はライバルもまだ少ないので、いち早くポジションを確立して希少性が高まりやすいため。

時代の価値観をうまくキャッチして、肩書をアップデートしていきましょう。

その反響はTwitterなどで見て、上手くいかなかったら元通りにしてOKです。Twitterで反響を見る理由としては、「反響が分かるのが早いから」です。秒速でいいねがついたりしますよね。

Twitterアナリティクスでエンゲージメントなど、反響が簡単に確認できます。

「変身」するコツ

ただコツとしては闇雲に「変身」を使うのではなくて、相手や市場の反応を見ながら、「より希少価値がある+時代の価値観と合う」肩書を自分でつけます。

たとえば、少し前まで私は「○○@脱SEO」といった肩書をつけて、「アフィリエイト手法としてSEO以外に力を入れていく」価値観をTwitterで発信してました。

※時代背景としては、「Googleの変動やライバルの増加」でSEOアフィリエイトがやりづらくなったことが要因です。

このように、大した実績がなくても価値観次第ではポジションが取れます。

「変身」するタイミング

時代の流れを読んで変えていくのがいいかと思います。

スマートニュースを毎日チェックしたり、Twitterのトレンドをチェックしたりですね。

「需要と供給」も意識して、あまり極端すぎるポジションで市場規模が小さいところは除外します。たとえば「オムライス大好き」とポジションを取っても、価値を高めるのは難しそうです。

方向性を合わせる

「ツイートのプロフィールやツイート内容は、肩書に沿った言動をする」ことは大切です。

たとえば本当は働くのが好きなのに、「働きたくないマーケター」とか書いてたら嘘になりますからね。

「変身」をするデメリット

「肩書が変わると前の肩書よりインパクトが弱くなる」ことはあります。

これは試行錯誤によって、前の肩書に戻してしまいましょう。うまく行った時だけ名乗り続ければOKです。

自分がオンリーワンになれる「変身」をしよう

オンリーワンになると、そこに需要が伴えば価値が高まります。「希少性が高いから引っ張りだこ」みたいなイメージです。

お金持ちになる方法は、人生のレバレッジです【ニッチ領域を攻めよ】」でマナブさんが書いる文章を引用してみます。

なので、競合とバチバチを避けるためにも、最初は「自分が得意な領域で、かなりニッチを狙う」という感じがいいかと思います。

と言ってまして、ようするに弱者の戦略を取れということですね。

弱者の戦略の基本は、差別化戦略です。具体的な戦略としては、

局地戦:スキマ市場やニッチ市場に競争の場を特化し、トップ企業と戦う
一騎打ち:資源を集中し、トップ企業と戦う
接近戦:強者に先んじて、顧客ニーズの把握や顧客へのコミュニケーション強化を図り、戦略の確度(商品のヒット率)を上げる
一点集中:攻撃目標をひとつに絞り、強者の弱点を重点的に攻める
陽動作戦:従来のパターン以外の展開を測り、強者を出し抜く
引用元:https://www.jmrlsi.co.jp/knowledge/yougo/my05/my0530.html
の五つです。

「変身」を繰り返して自分の価値を高めよう

「変身」することで価値を高めようという内容でした。

そのためには、

  • 小さな分野、ライバルが少ない分野で
  • 強い人が「変身」してくる前にポジションを取る

といったことに気をつけてみましょう。

私がアフィリエイターから「変身」した理由については以下などで書いてます。

自分が「元」アフィリエイターを名乗る理由【パクられるから】 【2019年】個人アフィリエイターが直面する地獄3つ【絶滅危惧種】