【実際に売ってみた】サイト売買の流れと高く売るコツとは?

ども、アフィリエイトで確定40前後を彷徨ってる@blog_xyzです。

「サイト売りたいけど流れがわからない」
「いくらくらいの相場で売れるの?」

サイト売買を実際に体験してみて、意外と簡単にサイトって売れるものだなと思いました。

私が実際にサイトを売りに出した時には、9件の購入検討をもらうことができています。

その経験を踏まえて、今回はサイトを売る流れ&高く売るコツについて見ていきましょう。

ウェブサイトの売却を検討するなら【サイト売買Z】

サイトを売る相場は?

知り合いのアフィリエイターさんに訊いてみたところ、以下が普通の相場らしいです。

  • SEOサイトの場合:月の確定の24ヶ月分
  • リスティングサイトの場合:月の確定の12ヶ月分

もちろん相場感は人によると思いますが、SEOサイトはかなり高値で売れるなぁという感想ですね。

実際にサイト売買Zなどで売られているサイトを見てみると、月の売上が10万円程度でも250万円などと強気な値段で申し込みが入っているサイトが結構見受けられます。

アフィリエイターもかなり増えてますから、「一からパワーサイトを作るより出来合いのものを購入したい」という人が増えてきているのかもしれません。

もちろん全部のサイトが24ヶ月分で売れるというわけではないです。

サイトが高く売れない場合としては、Googleのアップデート影響を受けていたり、ページ数が少なかったりすると不利になる可能性があります。

リスティングサイトもかなり高値で売れるのはびっくりですね。正直、最初は6ヶ月分かなと考えてました。

実際に売るまでの流れ

実際にサイトを売るには、以下の4つのフェーズがかかります。

  1. サイト登録
  2. 交渉
  3. 譲渡契約書にサイン
  4. 引き渡し

1.サイト登録

サイト売買Z < サイトを売りたい方

から、実際に売りたい手持ちサイトを登録することができます。

参考:ウェブサイトの売却を検討するなら【サイト売買Z】

上記フォームからサイト情報を入力したらメールが届き、詳しいサイト状況(売上、希望価格、アピールポイントなど)を記載していく流れとなります。

サイト情報は案件詳細ページに直接書かれる内容なので、売る人を意識したライティングをしたいところ。

メールを返信したら、私の場合ですが翌日お昼にはサイト掲載されてました。かなりスピーディな対応が期待できますね。

ページ下部の購入希望者カウントはリアルタイムで反映されるらしいので、反響を確かめるためにも定期的にカウントを確認しておきましょう。

2.交渉

実際に買いたい! もっと詳しい資料をくれ! という人が現れると、こちらから詳細資料を提示する感じ。

「アナリティクス情報」「ASP売上スクショ」は求められるので、すぐに資料が用意できるよう準備しておきます。この2つの情報を相手が検討して買いたいとなると、具体的にメールで売り主(自分)と買い主さんを含めてやり取りが始まる流れですね。

3.譲渡契約書にサイン

実際にお互いが合意できたら、今度は「クラウドサイン」というサイトで契約する流れに。

これはお互いクラウド上でサインできるので、簡単です。クラウド上で名前を書き込むだけで合意締結が成立する仕組みがあり、そちらで契約を完了させることができます。

お互いが契約書にサインし、譲渡の流れになります。

4.譲渡

簡単に済ませたいなら、ワードプレスのIDとパスワードを伝えて譲渡完了にすることもできるようです。

もし移転作業までサポートするなら、All-in-One WP Migrationなどのプラグインで簡単に移行作業ができるでしょう。

流れとしてはバックアップ作成(エクスポート)⇒ネームサーバー変更⇒新サーバーでWPインストール(買い主側)⇒インポートとなります。

譲渡が完了したら、預り金が入金されるようになってます。

サイトを高く売るコツ

実際にサイト売買を経験してみて、サイトを高くるコツが少し掴めました。

実績を作っておく

直近一年や半年のデータが求められますが、特に直近で売上が上がったサイトだと印象が高いです。

サイトを売るタイミングを常に考えておき、月の利益が大きく上がった直後に売却することで高値で売り抜けることができるでしょう。

逆にアップデートで飛ばされたサイトなどはそもそも登録してくれないことがあるようなので、注意しておきたいところ。

最初は高めに設定しておく

最初から妥協した値段で出してしまうと、最大値で売り抜けることができません。

まずは高めに設定して、反響を伺いましょう。その後値下げすることもできます。

値下げを小刻みにする

これは「案件一覧」のページ上部に掲載され続けるコツでもあります。

多くの人の目に触れられたいので、なるべくサイトは案件ページの1ページめに入る程度に位置していたい。けど新規案件が登録されると順位が下の方に押し下げられてしまうので、値下げをして再び一番上に持ってきます。

値下げをすると【価格変更】という文言ととも再び新着案件トップに掲載されるので、多くの人の目に触れやすくなるということですね。

値下げ幅は5万円単位まで確認してます(30万円⇒25万円など)。

サイト売買の流れを意識すれば高値で売れる

サイト売買は実績を作らないと売れないと感じるので、まずはサイトの実績を作ってから登録するのがよさそう。

もし実績作るのがむずかしい! という場合には、リスティングも試してみて短期的に売上を立ててみましょう。

実際私の場合には3ヶ月で10万円/月程度の売上を作ったサイトが、100万近くでオファー殺到しました。

案件終了などで交渉が決裂してしまうリスクもあるので、最高のタイミングを考えてサイト売買を成功させてみてくださいね。

ウェブサイトの売却を検討するなら【サイト売買Z】