1日の作業を「リライト」から始めるメリットとは? ブログが書けないならリライトから始めたほうがいい理由

「作業のやり始めがしんどい」
「筆が乗らない、1文字も書けない」

ブログを継続して書いていると、記事が書けくなるタイミングってありますよね。

魔王ちゃん

1週間連続で書けるときもあれば、調子がでなくてなかなか筆がすすまない! ということもあります

リライトからブログを書き始めるメリット

リライトとは「過去のブログ記事を書き直して情報を最新にしたり、よりよいコンテンツを追記すること」ですが、ここではリライトすることによる直接のメリットというよりも、筆が進むといったメリットに着目しています。

吸血鬼ちゃん

リライトすることによる間接的なメリットとは?

筆が進む

記事の書き出しは労力がかかるものですよね。「始める」ことにはエネルギーが求められます。

そういった「書き出しでつまずく」という場合には、リライトから始めると筆が進むようになりますよ。

吸血鬼ちゃん

なんでなの?

リライトから始めると筆が進む理由として、以下のことが考えられます。

  • 過去の記事には既に「完成された文章」があるため、内容をイジるだけでいい
  • なんとなく「仕事したった感」があるため、テンションが上がってくる

「やる気を出すにはまずやってみること」と言いますが、リライトすることによって筆が乗ってくるようになるんですね。

「いきなり新規記事を書くのはしんどい」
「今日はブログお休みしようかな?

そんなことを考えているなら、まずは過去記事をリライトすることから始めてみてはどうでしょうか。

青髪ちゃん

過去記事をリライトすることで、やる気がでてくる!

魔王ちゃん

蛇足になるけど、ほかに「1日の最後に明日やる作業をちょっぴり残しておく」ことでも次の日の作業に取りかかりやすくなるよん

内部リンクが整備できる

リライトのメリットとして、「内部リンクが整備できる」ことがあげられます。

内部リンクの整備が追いつかない理由

  • 新規記事を書く⇒過去記事に内部リンクを貼ることは実践できる○
  • 新規記事を書く⇒過去記事から新規記事へのリンクが疎かになる☓

青髪ちゃん

新規記事はどんどん追加されていくから、過去記事から新規記事にリンクを貼るには「内部リンクの整備」が求められるんだね

リライトすべき記事の見つけ方

「リライトのメリットはわかったけど、実際どうやってリライトの記事をみつけるの?」と疑問に思われたかもしれません。

ここからは、私が実際に行っている「リライトのやり方」についてみていきましょう。

魔王ちゃん

れっつごー!

プラグインを使ってあぶりだす

2つのツールを用いたやり方があります。

1.WordPressプラグイン「Show Article Map」を使う


(画像引用元:記事間の内部リンク構造を可視化するWordPressプラグイン「Show Article Map」

上記のマップのように、内部リンクでつながれた記事同士が「可視化」できるようになるんですね。

視覚的にわかりやすいため、一発で孤立してる記事がわかりますよ。

魔王ちゃん

このプラグインを使って、過去記事にどのリンクを貼ろうか? と考えることができます
はてなブログの場合にはこちらの記事が参考になります
SEO対策!自分のブログの内部リンクを自動で可視化する

2.WordPressプラグイン「Interlinks Manager」を使う(有料)


(画像引用元:WordPress投稿内の内部リンクをチェックできるInterlinks Manager

こちらのプラグインは有料で買い切り(33$)となりますが、画像のように数値化して記事の把握をすることができます。

  • どの記事からどの記事へのリンクが効果的か(リンクジュースが渡っているか)
  • どの内部リンクがクリックされているか(クリック数計測)
  • 適切な内部リンクは何か(投稿画面で使えるサジェスト機能)

などができるため、有料ですが私は買いました。内部リンクの視点が1つ増えるイメージですね。

最古の記事からリライトしていく

こちらは力技になりますが、「一番古い記事からリライトする」といった方法です。

「一番古い記事なんてどうやって探せばいいの?」と思われるかもしれませんが、WordPressならば、投稿画面でURL末尾に以下を追加するだけで自動ソートされます。

?orderby=modified&order=asc

後は一番古い記事からリライトすればOK。

吸血鬼ちゃん

「どの記事からリライトしようか?」という意思決定が省けるので、消耗しなくておすすめです。

CVまわりからリライトする

最後に、CVまわりからリライトする方法についてご紹介します。

  1. 一度CVした記事をリストアップ(ASPのリファラーなどから)
  2. リストアップした記事をエクセル(スプレッドシート)などにまとめる
  3. 情報が古くなっているものや、訴求を強められそうなもの、内部リンクが貼れそうな記事を修正する

一度CVした記事は宝の山です。なにせ実績があるのですから、リライトしない手はありませんね。

魔王ちゃん

「CVまわりの記事は優先的に修正せよ」という言葉もあるくらいで、普通の記事よりも優先度を高くしてみたほうがいいですよ

また、新規記事を書いたあとにエクセルシートを見直すことで、内部リンクを貼れるキラーページはどこか? と探すことにもなりますから一石二鳥です。ぜひお試しあれ。

作業開始がめんどうになったら「リライト」から作業を始めてみよう

リライトはめんどうな作業ですが、あえて「一番最初」に持ってくることでテンションも上がってくるし、筆が乗り出しますよ。

青髪ちゃん

めんどくさい作業をやる気を出す儀式にしちゃおう

ぜひ参考に、やる気を出すついでに過去記事の品質を高めてみてください。