【実体験】フリーランス1年目が、案件獲得するためにやったこと【初心者ほどブランディングを頑張るべき理由】

フリーランスマーケターの@blog_xyzです。

フリーランスとしては1ヶ月程度のぺーぺーなのですが、ありがたいことに4件ほど案件の引き合いがありまして、なんとか来月以降も生活していけるかなといった段階です。

そこでこのページでは、「案件獲得するためにどうすればいいの?」という駆け出しフリーランスに向けて案件獲得する方法について書いていきます。

フリーランスの案件獲得方法

私はマーケターですが、元アフィリエイターなのでライティングの案件なども獲得しています。ちなみに、文字単価は2円です。

1.元勤務先から案件をもらう

ライター業に関しては、元々メディア系の会社で広告運用の業務を担当していたので、ライターになれないか交渉しました。

ライターなら基本在宅で作業できますし、良い案件だと思うのですが、やりたい人が多くて良いクライアント獲得が難しいですよね。

そこで、「メディア系の会社に勤務する⇒在宅でできないか相談する」といった方法が考えられます。

ネットだけでライティング案件を探そうとすると最初は「単価が0.5円スタート」とかになりがちです。そういった消耗を避けるためにも、ライター案件の獲得は「実際に足を伸ばして交渉する」ことで良い案件を獲得しやすいのかな、と感じています。

2.Indeed経由

マーケティング系の案件の1つはIndeed経由で見つけました。

「在宅勤務可」「週2~3から可」「業務委託」などのキーワードを目安に探すのが良いでしょう。

Indeedは企業が広告費無料で掲載することができるので、採用のハードルが低めです。気軽に応募して、話を聞きに行くくらいのテンションで大丈夫。

なので「スキルが低くてエージェントは使いづらい」と思っているなら、こういったハードルが低めの求人サイトを活用するのがおすすめ。

3.Twitter経由

マーケティング系の案件のもう一つは、Twitter経由でした。

「Twitterで会社経営している人にフォローされる⇒応募する」と、既にあなたに興味を持ってフォローしてくれている人のため、採用率が高いです。インバウンドマーケティングに近いですね。

まずはTwitterの運用を頑張る必要があるので、情報発信も一緒に頑張りたいという人にはおすすめな方法です。

4.各種媒体経由

自分の場合には「ミエルカコネクト」などの媒体に登録しました。スキルを入力したら担当者がマッチングしてくれるというサービスです。

スキルによって使うべきサービスは違うので、自分が有利になれる媒体を利用しましょう。

フリーランスの営業はどうやる?

話は変わりますが、「フリーランスに営業は必要なの?」という問題を考えたいと思います。

インバウンドが楽ちん

「クライアントから直接お問い合わせをしてもらう」というインバウンドマーケティングですが、楽をしたいならやるべきです。

具体的にインバウンドで仕事をもらう手順

  • 手順1:Twitterで有益な情報をつぶやく
  • 手順2:フォロワーを増やして、クライアントになりそうな人をファンにつける
  • 手順3:お仕事依頼フォームを設置して、応募が来るのを待つ

といった手順で実現できます。

最初は「難しそう」と思われるかもしれませんが、慣れてしまうと簡単ですよ。

フリーランスで「暇な時間」は情報発信しよう

引き合いを増やすためには、自分に影響力がなくてはいけません。

自分の実績や活動内容をライブ的にツイートして、ファンを獲得できるTwitterが楽しいですよ。

フリーランスで「暇な時間」があるならtwitterでアウトプットがおすすめ。
フォロワー増やすのはゲーム感覚で楽しいし、無理な営業ではなくインバウンドでお問合せ来たりするようになって精神的に楽ちん🙆

フリーランス初心者ほど、「自己ブランディング」を頑張るべき理由

「自分の実力が足りないと思っているフリーランス初心者」ほど、実はブランディングが必要です。

  • 実力があって引き合いが多い人:何もしなくても仕事がたくさん来るので食いっぱぐれない
  • 実力が足りない新米フリーランス:何もしないと仕事が来ないので、ブランディングを頑張るべき

もしあなたが「めちゃくちゃ仕事できる人」でないなら、フリーランスで仕事をする傍ら、Twitterでブランディングをがんばりましょう。

実力がないのにインバウンドで営業活動もしないと、既存クライアントが打ち切りになったらヤバいですからね。

フリーランス初心者は、自分から動こう

案件獲得するのに、フリーランス初心者ほど自分で動くべきです。

まだ名前も知られていないので、相手から依頼してくるなんてことはないですからね。

まずはTwitterで情報発信しつつ、実績を増やす⇒実績をアピールしつつ営業活動しましょう。

一度軌道に乗れば後は楽になるので、今が頑張りどころですよ。