【実体験】ブロガー・アフィリエイターが「稼げなくなった場合の退路」を確保しておくべき理由

フリーランスマーケターの@blog_xyzです。

アフィリエイトで稼げなくなって、マーケターに転身しました。

※稼げなくなったは語弊があって、日々の売上の変動やサイトがパクられたりで精神的にきつくなってしまい、転身しました。

経験から感じた「ブロガー・アフィリエイターは退路を確保してから攻めるべき」という話をします。

こんなツイートもしました。

退路を確保しておかないと、しっかり攻めることができない。
たとえばアフィリエイターなら、稼げなくなった後はどうするか、線引きはどこかなど考えておかないと、毎日の不安定な売上から精神がやられてしまいます😂

ブロガー・アフィリエイターは退路を確保すべき

「まず守りを固めておかないと、しっかり攻めることができないから」という理由が大きいです。

  • 攻める:防御がしっかり固まっていることを確認できれば、思い切り攻められる
  • 攻める(ノーガード):防御が不安定になるので、気になって攻めに集中できない

将棋に「穴熊」という戦術がありますが、まさに「しっかり守ってしっかり攻める」やり方です。

将棋には穴熊って戦術があるけど、この考え方は生活にも取り入れられる🙆
守り→固く玉を囲うのは、固定費などの出費を最小限に抑えて攻勢に集中できるから
攻める時→出費が少ないので、やりたいことにチャレンジできる。大胆な攻め方が可能

退路を確保しておかないとこうなる

実体験ですが、「毎月赤字で、引越し費用が捻出できない」とかあります。

ちなみに自分の場合には賃貸で月10万の物件に住んでいましたが、引っ越し費用が捻出できなくなり、友達にお金を借りました。

さらにメンタルが不調に陥り、視野がさらに狭くなるという悪循環に陥りやすいです。

退路をしっかり確保しておくと

まずはしっかり「線引き」することです。

「ここまで稼げなくなったら辞めるというラインを設定しておくこと」で、引き際を間違えなくなります。

稼げなくなった状態でのメンタルはヤバいので、正常は判断はできませんよ。

どこまで稼げなくなったらやめるか?

まず前提として、専業でいきなりチャレンジするようなことではないです。

一昔前には「ブロガーブーム」「アフィリエイターブーム」があり、一攫千金が狙えました。しかし今の時代には、企業や強力なアフィリエイターがジャンルを蹂躙していますので、「美味しく独り占めで稼げるジャンル」というものはないと思ったほうがいいです。

独立する際には「ベーシックインカム」を確保しておく

そこで「別の収入源」をベーシックインカム的に活用して、安定した収入+チャレンジによって得られる収入と2つの収入源を確保しておきましょう。

「安定した収入」で生活が赤字にならなければ持続性がありますし、「チャレンジで得られる収入」に集中して取り組めます。

逆に「安定した収入」が赤字になってしまうと、メンタルがやられて「チャレンジ収入」頼りの不安定な生活になってしまいますね。

参考:
【実体験】フリーランス初心者はブログ収入を「ベーシックインカム」的に捉えて「挑戦回数」を増やそう

最低限赤字にならない範囲で固定費を下げる

赤字転落してから「チャレンジ収入」のみに頼って生きていくのはしんどいです。

前述の通りメンタルがボロボロになるので、正常な判断はできないし収入は不安定だしダブルパンチで沈没します。

そんな状況になってから上手くいくとかは基本ないので、固定費はあらかじめ下げておくことがおすすめ。

退路を確保することで「攻める」ことができる

攻めに集中するには退路の確保が重要だよというお話でした。

その際には「あらかじめ線引きして赤字転落したら辞める」と腹をくくるか、「安定収入+チャレンジ収入」の2本立てで生活を組み立てる方法があります。

「稼げなくなった状態」を今からイメージしておきましょう。

一旦働くことをやめるのもおすすめです。

参考:
「働かない」選択をすることで、自分のやるべきことが見えてくる【実体験】